FC2ブログ

あめたまブログ

上野・アメ横の老舗メンズカジュアルショップ「玉美」のオヤジがビミョーな情報を発信しています。

文士の東京五輪1964

IMG_5187.jpg

三島由紀夫や阿川弘之、石原慎太郎から石川達三、遠藤周作など、ソーソーたる文士による当時のオリンピックルポ。
これが頗る面白くてイッキに読んじゃいました。

柴田錬三郎による「重量挙げにおける三宅選手」がスゴイ。重量挙げの様な孤独の戦いは、自分自身との戦いである。
各選手が、バーベルを前にして無我の状態に自分を置くことを、昔の剣客たちの修行におきかえて、木や石に向かって
太刀を構えた兵法者に似ていると言うのだ。「私は、三宅選手が、バーベルの棒をつかんだせつな顔を上げて、
宙の高いところへ視線をはなったのを眺めて、彼がおのずから会得した無心の一瞬に感服した。
外の選手で、バーベルの棒をつかんだ時高いところを仰いだ者は一人もいなかった。その瞬間に三宅選手の
精神力は「無」の一点に集中されたのである。」ウーン、カッコ良い。

石原慎ちゃんの、この文章もカッコ良い。「鬼の大松」で、「参加することに意味があるのは開会式においてのみである。
翌日から始まる勝負には勝たねばならぬ。償いを求めてではない。ただ敗れぬために勝たねばならぬ。
人生もまた同じではないか。われわれがこの世にある限り、われわれはすでに参加しているのだ。
あとはただ、勝つこと、何の栄誉のためにではなく、おのれ自身を証し、とらえ直すためにわれわれは
それぞれの「個性的人生」という競技に努力し、ぜひとも勝たねばならぬのである。」


                by 昨日貫之



ウェブショップ!
11000円御購入で送料無料!!



新商品続々入荷中!
TAMAMI WEBSITEにもぜひお越し下さい。


このブログ気に入って頂けたら
↓ワンクリックの応援、お願いいたします。


  1. 2019/10/21(月) 12:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

上野 アメ横 玉美

Author:上野 アメ横 玉美
知ってる人は知っている。
知らない人はさっぱり知らない。
アメ横の老舗で店長をしています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード