FC2ブログ

あめたまブログ

上野・アメ横の老舗メンズカジュアルショップ「玉美」のオヤジがビミョーな情報を発信しています。

安藤昇

IMG_0531.jpg

「国が国を搾取するという植民地はあってはならない。だが戦争とは領土と富の分捕り合戦なのだ。だが同時に、
同じアジア民族として列強先進国に蹂躙れることに耐えがたい義憤もあったことを、満州で過ごした私は肌で
感じている。これが義を何より尊ぶ日本人のメンタリティであり、だからこそ「王道楽土・五族協和」という理念を
掲げたのである。自国の利益のために血を流す国はあっても、異民族の一致団結による理想国家を提唱し、
そのために骨身を削った国は人類の歴史上、日本しかないことを私達は忘れてはなるまい。「満洲国」を知る
一人として、このことを書き記しておきたい。」

「この戦後60余年は「男女同権」が「男女同化」にすり替わり、女が男になろうとした歴史ではなかったか。今、日本が
抱える諸問題は、ここに根源があると私は思っている。父親と母親ーすなわち男と女は役割が違うのだ。「差別」は
あってはならないが「区別」はなければならない。男は男のそして女は女の役割を果たせば、そこには自ずと「区別」が
出来てくる。そこを見落し、「同権=同化」と勘違いしたところに日本の不幸があると思っている。」

「先の戦争に批判はあるだろうし、国益を論ずれば是非も分かれるだろう。だが前線で散った兵隊たちに是非はない。
国民を守る為に尊い命をなげうったのである。私たちが亨受するこんにちの繁栄は、まさに命をかけて散った英霊たちの
「覚悟」のうえに築かれたものであることを忘れてはなるまい。生き残ったひとりとして、自戒を込めつつ、
私はつぶやくのである。」



    by 昨日貫之



ウェブショップ!
7770円御購入で送料無料!!
 


   
春夏物新商品続々入荷中!
TAMAMI WEBSITEにもぜひお越し下さい。


このブログ気に入って頂けたら
↓ワンクリックの応援、お願いいたします。
  1. 2015/06/23(火) 12:00:00|
  2. 新着情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

上野 アメ横 玉美

Author:上野 アメ横 玉美
知ってる人は知っている。
知らない人はさっぱり知らない。
アメ横の老舗で店長をしています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード