FC2ブログ

あめたまブログ

上野・アメ横の老舗メンズカジュアルショップ「玉美」のオヤジがビミョーな情報を発信しています。

あかんやつら

P1090044.jpg

若手としては珍しく、時代劇の研究家として名を馳せておる氏の一大労作。
いやー、読むのに時間がかかった。
取材開始から完成まで10年! その間に鬼籍に入った関係者は数知れず。
まさに聞き書きの手本と言った所か。

主人公はマキノ満雄。 東映時代劇の黄金時代を作った男。
「通俗的で何が悪い。」そこには満雄の中に流れる父、省三以来の「大衆娯楽主義」が通底していた。
若い頃から父の下で金の苦労をしながら映画製作のノウハウを学んできた満雄にとってもっとも大切なのは
観客の存在だった。 俳優、監督、プロデューサー、劇場支配人と東映で禄を食む全ての人間にマキノ満雄は
こう言って聞かせていた「いつも客の事を忘れたらアカンで。 ヒマがあったら小屋に行って客の顔を見て来い。」
「松竹、東宝は銀座・渋谷・新宿の山の手志向や、それなら東映は浅草の客を目標にする!」
「脚本には泣く、笑う、手に汗握るの三要素をいれろ、それさえ出来てれば後は頭とケツさえしっかりしておけばエエ。」
「物語のベースは痛快、明朗、スピーディや。」

岡田茂以降は何やら新東宝の様でツライ。

               東映京撮、きばりなはれや!



       by オラッチ


お年玉セール開催中!!

ウェブショップ!
  7770円御購入で送料無料!!
 

   
秋冬物新商品続々入荷中!
TAMAMI WEBSITEにもぜひお越し下さい。

このブログ気に入って頂けたら
↓ワンクリックの応援、お願いいたします。

  1. 2014/01/07(火) 12:00:00|
  2. 新着情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

上野 アメ横 玉美

Author:上野 アメ横 玉美
知ってる人は知っている。
知らない人はさっぱり知らない。
アメ横の老舗で店長をしています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード