FC2ブログ

あめたまブログ

上野・アメ横の老舗メンズカジュアルショップ「玉美」のオヤジがビミョーな情報を発信しています。

京都 千本組

P1080935.jpg

日本映画史、特に京都の時代劇映画史を調べると必ず出て来るのが「千本組」。
その仁侠集団の実状を何とか知りたいと思っていたら、出ました。 この本!
実は平成4年に初版が出て以来、古書店では希少本として高値で取引されておったの。
ここに見事に復刻版が刊行されたと言う訳。

「明治34年、京都千本三条に『千本組』という金看板が掲げられた。
 正業は人夫口入れ業である。 この年より敗戦にいたる約40年に渡って
 千本組は京都の運送業、土木業界にひとつの地位を築くことになる。
 千本組は博徒の一家とは異なり、季節労働者や日雇労務者などを束ねる
 当時としては珍しい『かたぎやくざ』だった。 かたぎやくざは町内の
 治安を守ったり消防団などもかね、祭礼も取り仕切った。」

2代目「荒寅親分」が牧野省三に撮影所を手配したり、日活の池永所長と仲良く
なったのをきっかけに、映画の世界へ入って行ったと言うストーリー。
面白いのは、3男の末三郎がアナキストとなり、大杉栄を殺した甘粕のさそいを受け満州へ行く所と、
千本組のチンピラから日活入りして松竹の第一映画を経て大映を作った永田雅一の行動。
そして「荒寅親分」の大立ち回りと末三郎の河原での大喧嘩。
まさに映画の様。 これを 故 深作欣二は映画にしたかったのだそう。
観たかったなー。

 それにしても滅法面白い本でおました。



       by オラッチ



ウェブショップ!
  7770円御購入で送料無料!!
 

   
秋冬物新商品続々入荷中!
TAMAMI WEBSITEにもぜひお越し下さい。

このブログ気に入って頂けたら
↓ワンクリックの応援、お願いいたします。
  1. 2013/12/16(月) 12:00:00|
  2. 新着情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

上野 アメ横 玉美

Author:上野 アメ横 玉美
知ってる人は知っている。
知らない人はさっぱり知らない。
アメ横の老舗で店長をしています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード