FC2ブログ

あめたまブログ

上野・アメ横の老舗メンズカジュアルショップ「玉美」のオヤジがビミョーな情報を発信しています。

アナーキー60`~70`

P1080937.jpg

「これは正統な日本映画史ではない。 ただしここに取り上げた101本の映画の面白さは保証します。
 最近のテレビ局制作の日本映画にアキアキした君! 本当に面白い日本映画はこれだ!」

60年代から70年代にかけて、プログラムピクチャーの玉石混合のなかでピカリと光る傑作をチョイスした
この本、20年間の混乱期の映画界を象徴している新東宝の倒産、ピンク映画の台頭、松竹ヌーベルバーグ、
ヤクザ映画の台頭、日活ロマンポルノ登場、角川映画の登場と、まさに無政府状態。
良く言えばスクリーンにエネルギーが迸っていた時代、悪く言えばテレビに押された悪あがき。
ある意味、大正から昭和にかけての不況期に流行した「傾向映画」の時代と重なるかも知れない。
当時もエロ、グロの時代と言われていたしね・・・

個人的には東宝モダンアクションの時代が気になる。
岡本喜八から福田純、谷口千吉、杉江敏男と男性アクションの職人達が輩出。
日活から移った三橋達也の「国際秘密警察」シリーズから加山雄三、黒沢年男の東宝ニューアクションが生まれる。
「太陽にほえろ!」のルーツはここにあると思うのだが、いかがでしょう?



         by オラッチ



ウェブショップ!
  7770円御購入で送料無料!!
 

   
秋冬物新商品続々入荷中!
TAMAMI WEBSITEにもぜひお越し下さい。

このブログ気に入って頂けたら
↓ワンクリックの応援、お願いいたします。

  1. 2013/11/26(火) 12:00:00|
  2. 新着情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

上野 アメ横 玉美

Author:上野 アメ横 玉美
知ってる人は知っている。
知らない人はさっぱり知らない。
アメ横の老舗で店長をしています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード