あめたまブログ

上野・アメ横の老舗メンズカジュアルショップ「玉美」のオヤジがビミョーな情報を発信しています。

今夜は崑映画

画像33 022

市川崑と言えば、あのグラフィックなタイトルデザインと、
独得の間を持つカッティング技法でしょう。

「木枯らし紋次郎」世代としては、あのオープニングタイトルと、
アイリスイン・アウトのスタイルに、グッと来ちゃう訳です。

それもその筈、元々京都のJOスタジオでアニメーションと
タイトルの制作がスタートだった訳ですから。
そんな訳で、どうしても技術面に目が行ってしまうのだが、演出の方も中々スゴイよ。
特に「私は二才」と「細雪」の演出は息をのむスゴさ。

最近ビデオで見た「恋人」も、ハリウッドタッチのモダンな悲恋物で、
セット部屋割りや、小田急線のホームのデザインなど、オシャレでしたナァ。

この本では和田誠のエッセイが、崑映画の本質を突いていた様に思うゾ。

byオラッチ

夏物新商品続々入荷中!
TAMAMI WEBSITEにもぜひお越し下さい。

このブログ気に入って頂けたら
↓ワンクリックの応援、お願いいたします。


  1. 2008/07/31(木) 12:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

上野 アメ横 玉美

Author:上野 アメ横 玉美
知ってる人は知っている。
知らない人はさっぱり知らない。
アメ横の老舗で店長をしています。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード